うたい文句通り、電子会議室としてのChatwork

最初は一緒にお仕事させていただいているクライアント様からの連絡手段として指定があった関係で使い始めたのがChatworkです。

うたい文句は「電子会議室」ですが、イメージ的には昔からあるネット上の掲示板ベースのグループウェア、という印象です。ほぼ連絡専用でしか使っていないので、機能をすべて使いこなしている訳ではありませんが、レスポンスなども良く、ごく普通に通信手段として便利に使っています。

ファイルの添付なども可能ですので、小さなデータのやりとりはここでそのまま済ませてしまうことも可能ですが、使えるファイルの容量には当然限りがありますので、本格的な納品は他の手段をバイパス先として作っています。

気になるところは、メッセージが書き込まれたことの通知のメールが届かないことがしょっちゅうある部分でしょうか。どうも、ブラウザでページを開きっぱなしにするか、今度配信が開始されたアプリケーションを起動しっぱなしにすることを前提としているような雰囲気で、メールによる通知機能はかなり不完全です。そこ以外には特に気になる部分もないので、ちょっとそこだけが残念です。

このタイプのコラボツールは、参加人数が多くなると多分収拾が付かなくなりますので、少人数のテレワーカー同士が情報を共有するのには適したサイトだと思います。

また、情報交換が遅めになるタイプのサイトですので手離れの良い作業には向いていますが、より密で頻繁な情報交換が必要な作業には向かないと思います。

うたい文句通り、電子会議室としてのChatwork