チャットワーク

・利用するきっかけ
クライアントに契約ノルマがあったりするようで、各社からの指定で、よく利用させられたり、新たなアカウント作成指示を頂くことがあります。
その関係で、データのやり取りや連絡事項やり取りなどで、頻繁に見る機会があります。
多くの企業では、アカウント契約だけしてしまえば、数日間しか使わずに、次々に別の同種のサービスなどを指定してくることがあり、チャットワーク系ツールや業務BBS系ツールジャンキーのような状態に也、どの企業がどのサイトを利用しているのかが把握できなくなる程度に、目まぐるしく変更してくるケースも多いようです。

・利用してみてのメリットデメリット
ファイルアップロードが遅く、仕様として表示されているサイズのものをはるかに下回るサイズのもの以外(500KB程度でも送れない時間帯などが存在する)、画像データですらやり取りすることが難しいほどのにぎわいようです。そのため、ファイル送信などには、メールやファイル系送信サービスの別のものを利用することになります。
とくにデザインなどで画像を扱っている人は、その頻度が高まります。
メリットとしては、複数の発注者からのコメントを、サイドナビゲーションゾーンから発言数は確認することができるために、とても便利です。
一方で、ツリー表示ではなくて時系列によるたてがた表示なので、見落としや、接続したもののデータの表示異常などが発生している場合には読後フラグ位置がずれてしまうので、記事見落としが発生しやすい難点はあります。

・今後の希望その他
ツールとしては、仕様として表示されている範囲の機能が確保されているのならおそらくは便利なので、混雑時でもそれらが確保されていれば、積極的に利用する可能性はあります。

チャットワーク