Twitterを使って先輩ライターの動向をチェック

よく利用するのはSNSですが、その中でも特にtwitterを一番利用しています。同じくフリーランスとして活躍しているライターをフォローして、どのような案件で仕事をしているのか、どのようなペースで仕事をしているのかチェックしています。また「ライター募集」と検索をかけて、そのサイトに応募します。この方法で2社から直接契約していただくことができました。ライター以外にも、雑誌/Webなど媒体を問わず編集部のアカウントはほぼ全てフォロー→編集部の方と何度かTwitter内でやり取りをして、仲良くなったところで「ライター募集していませんか?」と探りをいれると、たまーに新規で案件をゲットできたりもします。あとは、自分で書いた記事を拡散することで、アクセスアップにつなげたりもしています。プライベートと仕事用では完全に切り分けて利用しているので、仕事用のアカウントでは仕事関係のみのツイート、フォロワーです。無料のツールですが、Twitterのおかげでかなりお金になっています。

Twitterを使って先輩ライターの動向をチェック