フリーランスのパソコン管理

フリーランスは、パソコンやスマホなどIT機器は、必需品です。
サラリーマンであれば、パソコンが壊れても、不具合でも、代わりに機器や、車内の詳しい人に聞くなど対応方法がありますが、フリーランスは、自分の機器や通信環境が不具合になってしまうと、多くの仕事では、仕事ができなくなり、収入がなくなってしまいます。
サラリーマンなら、パソコンが壊れたので仕事ができませんでした、と言ってもちゃんと給料は貰えますが、フリーランスは、給料ゼロです。ゼロならいいのですが、信用をなくしてしまい、次の仕事がなくなり大きな損失になる場合もあるのです。仕事を頼む側の心理として、フリーランスは会社組織に比べて、もしもの時の不安が高いのです。病気もそうですが、最近は、パソコンや通信の不具合です。この状況が頻度高くあるフリーランスには、仕事を頼みたくなくなります。
パソコンは、現代人が使う機器の中でも、とても繊細な機器で、いろいろな危険が潜んでいます。ウイルス、ソフトのバージョン、通信障害、サイバーテロ、スパイソフト、情報漏えい、詐欺サイト、落とすことによる機器の破損、数えたらきりがありませんし、それらの危険を完全に防ぐことは不可能です。またトラブルが発生したときに素人では対処が難しく解決に時間やお金がかかります。
とても簡単な方法で、パソコンと通信の総合的なチェックを行うことが出来ます。人で例えるなら定期健康診断のようなものです。
それは、スピードテストです。スピードが極端に遅くなる時には、必ずと言っていいほど、パソコンや通信に小さな不具合があるのです。その時には、何が原因か調べ、大きな不具合になる前に対処するのです。
日々チェックを行い、自分のパソコンと通信環境の健康に気をつけることにより、大きな不具合を減らすことができ、フリーランスの信頼を高め、結果として収入アップに結びつくのです。
私は、スピードテストを、毎日、仕事を行う前にかならず行うことにより、パソコンと通信の大きな不具合を防いでいます。

フリーランスのパソコン管理