自分の仕事を発表するサイト

私は、フリーランスを始めて約10年になりますが、自分の仕事をほとんどすべてプレスリリースしています。
プレスリリースというと何か、大げさなイメージが有りますが、個人でも団体でも大企業と同様にプレスリリースを行うことが出来ます。
今までにないことをニュースとして発表すると考えれば、どんな仕事でも新しい試みであれば発表する意義があるのです。そのニュースの価値は、見た人が判断し、大きなニュースと認められれば、テレビの取材連絡が来ます。つい先日、私のプレスリリースにより、地上波の大手テレビ局から取材の依頼がありました。数日後、全国に流れるニュース番組で取材の様子が放映されました。費用をかけなくても自分の知恵と手間だけで、大きな広告効果が得られるのです。大きな先行投資が難しいフリーランスにはとてもありがたいのです。
プレスリリースの方法は、まずは自分のホームページ、SNS(FacebookやTwitter、ブログなど)にプレスリリース文章を掲載することです。しかしこれだけでは、テレビ局や新聞社の目にとまることは難しいのです。
特にマスコミの記者の方に目に停めてもらうために私が、行っている方法は、プレスリリースサイトの活用です。プレスリリースサービスは、テレビ局、新聞社、業界誌などの取材記者に自分のプレスリリースを自動的に連絡してくれます。検索すれば多数のプレスリリース事業者が出てきますが、その機能により無料のサービスと有料のサービスが有ります。
プレスリリース文書の作成で注意すべきことは、客観的に見てどこの部分がニュースなのかという点です。その部分をクローズアップし文章表現することで、ニュース性が高まります。
またそのプレスリリースが自分自身だけのものなのか、他に関係者がいるようならその方々への確認が必要です。関係者でなくてもそのニュースの影響を受ける人や会社を広く考慮する必要があります。たとえそれが事実であったとしても、何かの都合で広く社会に発表されたくない人もいるからです。
他の注意点は、新聞社から注意されたことがありますが、プレスリリースは、社会全般に同時に平等に発信することが重要です。
たまたま面談した新聞社1社に先にプレスリリースを知らせてしまったことがあり、その新聞社の記事になりましたが、他の新聞社から強いクレームを受けました。

自分の仕事を発表するサイト