仕事中に活用するお役立ちサイト『Weblio辞書』

最近ではネットで検索すれば大概のことを調べることが可能ではありますが、やはり長文を書く仕事をしていると、辞書で調べないと分からないことも多くあります。日本語だけではなく英文や英単語も調べなければいけないとなると、部屋に様々な辞書を積んでおくと場所を取ります。急いでいる時に目的の単語を探すのも大変です。そんな時はやはりネット検索で探す方が楽なので、自分の目的に会った辞書サイトがないか探したところ、この『Weblio辞書』に辿り着きました。類語辞典・同義語と対義語・英和と和英と、まさに文章を書いてる時にはこれ以上をないほどのお役立ちの辞書サイトです。特に個人的には、長文を書いていると同じような単語を何度も繰り返してしまう危険があるので、それを他の類語に差し替えるのに役立つ類語辞典には助けられてます。単語を入力して検索すれば、その単語の意味と類語が分かりやすい一覧で表示されます。ライターなどのフリーランスの方になら、この便利さが分かってもらえると思います。

仕事中に活用するお役立ちサイト『Weblio辞書』

Weblio類語辞典

文章表現でピタリとフィットする言葉が思い浮かばない場合、シソーラスを扱う辞書サイトがあると大変重宝します。その点、「Weblio」は多種多彩な辞書を扱うポータルサイトという点で魅力的であり、同じジャンルの辞書サイトと比較して扱っている用語の数が圧倒的に多いという印象を抱いています。
有り難いのは、用語を入力すると、多くの「類語」候補の表示とともに、「意義素」についても解説があることです。ライター稼業の方はもちろん、ビジネスパーソンなど幅広い人にとって利用価値があるかと思います。
ただ、使い始めて間もない頃は、画面がゴチャゴチャし過ぎているので見づらいという感想を抱きました。広告が多いほか、「類語検索」よりも「英和和英テキスト翻訳」の入力部分のほうが目立つような気がします。
「Weblio」がフォローしていない領域のサービスとして、たとえば日英中のビジネス文書テンプレート対訳集であるとか、「映画・文学作品」日英中対照辞書、あるいは顔文字逆引き辞書(日英中)といったサイトがあるとなお有り難いと思っています。

Weblio類語辞典